夏場の食中毒について

黄色ブドウ球菌による食中毒は、ほぼ年間を通じて発生していますが、暑くなる夏期に多くなるので特に注意が必要です。
黄色ブドウ球菌は、人の皮膚や傷口に常に存在している細菌です。感染することは通常問題になりませんが、室温下で菌の増殖と同時に毒素(エンテロトキシン)を出し、この毒素が食中毒の原因になります。毒素を含んだ食品を摂取後、約1~3時間程度で、吐き気、激しい嘔吐、下痢などの症状がみられます。この毒素は100度で30分加熱しても無毒化されませんので、細菌を付着させない、増殖させない(冷蔵庫を利用して10度以下に保つ。)ことが重要です。(腸管出血性大腸菌やノロウイルスは、十分に加熱することで防げます。)
「食品は、なるべく素手で触らないようにする。(おにぎりは要注意です。ラップ、ビニール手袋を使用してください。)暑い日の室温は、細菌の増殖しやすい環境ですので、食品はすぐに冷蔵庫にしまうようにする。」などの細菌を付着させない、増殖させない対策をとってください。

参考資料
「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/oushoku.html

「食中毒」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/

2019年06月25日