麻疹について

 2019年1月ごろから、麻疹が大阪を中心に流行しています。都内でも海外旅行から帰国後の旅行者などにも感染がみられるケースが出ています。
 麻疹の感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強く、マスク、手洗い、うがいでは防ぐことが出来ません。免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症します。しかし、一度感染して発症すると、ほぼ一生涯免疫が持続し、インフルエンザのように毎年のように感染することはありません。
 感染してから約10日後に発熱や咳、鼻水、目の充血といった風邪のような症状が現れ、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と全身の発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併することもあり、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症し、死亡することもあります。
 かつては小児のうちに、麻疹に感染し、自然に免疫を獲得するのが通常でした。また、ワクチン接種後にも麻疹ウイルスに暴露して、ほぼ一生涯続く免疫を獲得していました。しかし、近年、大きな流行が少ないことから、ワクチン接種後に成人になるまでに麻疹ウイルスに暴露しなかったために、免疫が10年程度で効果が弱くなり、大人になって感染する例が目立ってきました。
 予防は、ワクチン接種が基本です。ワクチン接種をすることで、95%以上の人が麻疹ウイルスに対する免疫を獲得することができます。麻疹に罹患したことのない方で、ワクチン未接種の方は、ワクチン接種を検討して下さい。
また、麻疹と診断された場合は、医師の許可(通常は、熱が下がった後も3日間は出勤を控える。)があるまで出勤は控えて下さい。

参考資料
「厚生労働省 麻しんについて」
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

2019年02月15日