感染性胃腸炎(ノロウイルス)について

 冬場(11月から3月)は、ノロウイルスによる食中毒が流行しやすい時期です。ノロウイルスは、形状が非常に小さいにもかかわらず、感染力は非常に高く、少ないウイルスの摂取でも感染し発症します。
 感染経路は、ウイルスを蓄積する牡蠣を代表とする二枚貝を生で食べることにより感染することが多くいです。他に、感染した人が調理した食品、患者の便、嘔吐物からも感染します。致死率は低く、数日で回復する病気ですが、稀に抵抗力の弱い小児、高齢者は、脱水症、嘔吐による窒息、肺炎等で死亡することもあるので、十分な注意が必要です。
 感染防止対策は、ノロウイルスの感染源となる二枚貝をしっかりと加熱すること(90℃1分)、消毒(次亜塩素酸ナトリウム)、手洗いなどを徹底して行うことが効果的です。
 ノロウイルスについて、厚生労働省、東京都のホームページ(下記のリンク)で詳しく説明していますので、こちらを参考にしてください。

参考資料
「厚生労働省・食中毒の原因(細菌以外)」
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/03.html

「東京都感染症情報センター・感染性胃腸炎」
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/gastro/

2018年10月15日